活動概要

活動概要
  • HOME
  • 活動概要

PDF資料の閲覧は会員限定となります。

活動報告

2024年6月1日 連盟通信 第58号発行PDF

2024年5月22日 自民党警備業推進議員連盟(会長 萩生田光一衆議院議員)の役員会を開催。全警連青山理事長、橋本副理事長他及び全警協黒木専務理事にて参加。 萩生田光一会長等12名の議員及び関係省庁も参加。青山理事長より人手不足や治安情勢等の状況を踏まえたうえで要望事項及び今国会での各種法案への対応状況等について説明。

2024年5月1日 連盟通信 第57号発行PDF

2024年4月18日 セキュリティクリアランス関係法案(重要経済安保情報の保護及び活用に関する法律案等)の参議院内閣委員会にて、自民党参議院 加藤明良議員(茨城県選出)に当連盟より警備業に関する発言を要請。施設クリアランスにおける警備事業者の役割の重要性及び今後の議論における配慮を要望していただきました。PDF

2024年4月1日 連盟通信 第56号発行PDF

2024年3月26日 「和田政宗」参議院議員に対し、次期参議院議員通常選挙(令和7年7月予定)の推薦状を全国警備業連盟として提出しました。「和田政宗」参議院議員は、自民党の全国比例候補(予定)になります。

2024年3月15日 政府は15日、外国人労働者の確保等を目的に「育成就労」の創設を柱とする入管難民法などの改正案を閣議決定。警備業界における外国人雇用の方向性と共に法案審議を注視していきます。改正案の詳細判明次第改めてお知らせします。

2024年3月11日 建設業法等の改正法律案が3月8日閣議決定。警備業に関係が深い建設業界の業法改正ですので、今後法案審議を注視していきたいと思います。PDF

2024年3月7日 現在開会中の国会において、建設業法等の改正が見込まれております。「処遇改善」「資材高騰分の転嫁」「働き方改革」等により、担い手を確保し、持続可能な建設業を目指すものとなっております。警備業界にも関連する項目がありますので、改正の推移を注視し、詳細判明次第改めてお知らせします。

2024年3月1日 連盟通信 第55号発行PDF

2024年3月1日 令和6年2月9日に「雇用保険法改正案」が閣議決定されました。主な改正内容は、雇用保険の適用拡大(週所定労働時間を「20時間以上」から「10時間以上」に変更)等です。今後、改正法案の国会審議を注視していきたいと思います。PDF

2024年2月16日 「建築保全業務労務単価」が国土交通省より公表されました。引き続き、適正な警備単価となるよう更なる引き上げを目指し て活動してまいります。PDF

2024年2月16日 「公共工事設計労務単価」が国土交通省より公表されました。PDF

2024年2月1日 連盟通信 第54号発行PDF

2024年1月31日 連盟ニュース第8号発行PDF